慢性の下痢でお困りの方はだいたい次のタイプにあてはまります。
 
ストレスが原因
 

ストレスや緊張が高まると肝の機能が乱れ、脾胃の消化吸収能力がダウンします。
過敏性腸症候群の多くの方がこのタイプです。
:肝の機能を高めて全身の気の巡りをよくする治療をおこないます。ストレスをなるべく避ける生活をこころがけます。
大根やニラ、ジャスミンティーなどがおすすめです。

脾胃の機能低下が原因
 

脂っこいものやなまものが苦手であっさりした食べ物を好みます。
元気がなく疲れやすく、食後に眠くなる、水様便などの特徴が見られます。
:脾胃の機能を高める治療をおこないます。消化のよいもの、薄味であっさりした食事を心掛けます。
いちどに多く食べ過ぎないこともだいじです。
ヤマイモや蓮の実、なつめなどがおすすめです。

冷えが原因
 

腎の陽気不足で脾や胃を温める力が弱まり、消化吸収に問題が生じます。
全身が冷えやすい、足腰がだるく元気がない、排便後に楽になる、夜明け前に症状が悪化するなどの特徴があります。
:腎と脾の陽気を補う治療をおこないます。からだ、特におなかまわりを冷やさないように注意します。
エビ、洋肉、ニラ、ライチ、ナツメグがおすすめです。


  [冷え性の食養生]
 

すべての食べ物は体を冷やしたり温めたりするはたらきがあります。
ニンニクなど非常に温める性質を「熱」、ショウガなど少しだけ温めるものを「温」、コメなど温めも冷やしもしないものを「平」、
玄米・小麦など少しだけ冷やすものを「涼」、トマト・きゅうりなど非常に冷やすものを「寒」といいます。
体が冷える方は「平」のコメを主食に「温」と「熱」を多めに摂取してください。飲食物の温度も大事です。
冷蔵庫で冷やした飲み物、サラダやフルーツなどは控えるようにしましょう。