韓方では、月経は「肝」の支配下にあると考えます。
肝の作用で、月の満ち欠けにあわせて、古くなった血を捨て新しい血液をためる現象が月経です。
肝の機能が阻害されると月経が乱れ、月経血がうまく排出されずに痛みが起こるのです。
毎月のことですから、我慢せずに改善策を講じましょう。

 
ストレスタイプ:月経前から症状がある方
 

ストレスや緊張、怒りなどで、肝の機能が低下して、気の流れが滞るのが原因です。
月経前から下腹部が痛み、胸が張って痛む、イライラ、頭痛などが起こります。(「月経前緊張症」)

 
* 併発しやすい症状
気分が不安定・便秘・不眠症・胃腸障害・過食気味
- 肝の機能を高める気の流れをよくする治療をおこないます。
- 症状を和らげるには、ふだんからストレスをコントロールしてため込まないことが大切です。
- そば、大根、キクラゲ、ミカンなどをおすすめします。

「冷え」タイプ:お腹が冷えて痛む方
 

血液が冷えて流れが悪くなり、排出されにくくなっています。したがって月経前や月経初期に下腹部が冷えて激しく痛みます。
温めると楽になり、月経周期が遅れやすい傾向があります。

 
* 併発しやすい症状
冷え性・低血圧・下痢・腹痛・腰痛
- 体を温めて血行をよくする治療をおこないます。ふだんから体を冷やさないよう気をつけることが大切です。
- 薄着を避け、冷たい飲食物を控えます。特に月経前には腰周りを温めて冷えを防ぎましょう。
- 「体に優しい食材選びのコツ」を参考に、温める効果のある食材を積極的に取り入れましょう。

 
 

血が滞りドロドロして経血の排出を困難にしています。月経の初日から強い痛みがあり、経血はかたまりが多く黒っぽい色です。
排出したあとは痛みが和らぎます。

 
* 併発しやすい症状
シミ・そばかす・ニキビ、顔色が暗い、頭痛、肩こり、アザになりやすい
- 鬱血をとって血行を改善する治療をおこないます。ふだんから体を動かすよう心掛けましょう。
- 月経期に腰のあたりを動かす体操をすると痛みが軽くなります。
- ニラ、ニンニクなどが血の巡りをよくする食べ物です。

血不足タイプ:経血も生理日数も少ない方
 

体内の血が不足しているため、無月経、生理不順を起こします。生理痛は生理の後半や生理後に出やすく、
お腹を手で押さえると軽くなります。

 
* 併発しやすい症状
立ちくらみ・めまい・低血圧・貧血・乾燥肌・唇が乾きやすい・疲れやすい
- 血の量を正常にし血行不良を解消する治療をおこないます。
- ニンジン、ほうれん草、ひじき、栗、クルミ、黒ゴマなどの食材が血を増やしてくれます。
- また陰陽でいう「陰」に属する血を増やすのは、同じ「陰」が力を持っている夜の時間帯です。
- 夜間の睡眠を充分にとるようにしてください。